×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職者を対象とした面接

転職したい企業が決まり、転職用履歴書を送ったあとは面接を行なうのが通常の流れです。新卒者(新卒者の中には卒業してすぐの就職を諦めて、就職浪人する人もいます)と転職者によって面接の内容が多少変わってくるようです。

転職者を対象とした面接では、「転職を希望する理由」「今までの経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)やスキル」「転職した後に当社でどのような仕事をしたいのか」といったことが良く聞かれるようです。転職に向けた面接を受ける際には事前の準備と言うものが大切になってきます。

いざ面接を受けてからしどろもどろになることがないように、転職を希望する企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)について下調べをするといいでしょう。転職を希望する企業(会社ともいわれます。営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)のホームページがある場合は、事業内容や力を入れていることなどを調べ、会社が期待する人物像といったのを探ってみましょう。下調べをすることによって、企業が転職者に求めるスキルや条件なども見えてくる場合もあるのです。

又、転職をした後にどのような仕事をしたいかといった質問にも的確に答えられるようになる為、始めのうちは企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)の情報の収集から初めてみて下さい。面接の時には、転職理由はポジティブなものが望ましいので、「貴社の今後予定されている○○という事業において、私のスキルが十分に生かされると思ったからです」などの、企業にとってもプラスとなるような前向きな理由を考慮しておくといいかもしれません。